• 3年前
  • 現在
MY STORY 01

テレビを作る人になる!

-キッカケは『カッコイイ!』-

子どもの頃、地元のテレビ局のスタジオ見学に行った時に女性のスタッフさんを見て「あ!女性でもなれるんだ!カッコイイな!」って思ったんです。

小さい頃からテレビっ子で、特に「はじめてのおつかい」が好きでしたね。
画面の文字が子どもの気持ちに合わせて音や色や動きを変えたりしてて作り方も面白いなあって見てました。

大学の時の広告学のゼミにすごく魅かれて、世界のCMとかも見せてもらったりしてコマーシャルに段々興味を持つようになりました。

CMって「秒」の世界じゃないですか。
「分」もない中で言いたい事伝えるのがおもしろいなって。
音も色もその短い中に全部詰まっているような魅力を感じてCM好きになりました。

実際に就活を始めて映像プロダクションを調べていた時にVSQを見つけて。
作品はよく見かけるので紹介されれば分かるんですけど…
やっぱりそれを作ってる現場を知りたいし、作ってる人達を見たいじゃないですか。

VSQは実際に会社のスタジオで説明会があって、説明してる人達もすごく明るくて。
雰囲気に惹かれて、安心感もあってVSQを選びましたね。

MY STORY 02

好きなコトを好きなだけ

-とことん極めて武器にする-

地方自治体のPR動画と地域制作ドラマが印象に残っています。
私も田舎育ちなんですけど、田舎ってテレビの撮影とか来ると、それだけで元気になるんです。

人も、町も。もう大騒ぎ。
テレビに映るぞ、ネットに載るぞって。一大事件になる(笑)

撮影のエキストラ募集が公園とかであると皆集結するんですよ。
来てもらう方と行く方、どちらも経験できました。
都会の最新トレンドもいいんですけど、私はまだスポットライトを浴びてない人とかに出会いたい。
田舎や町を盛り上げて元気にしていきたいっていう気持ちは強いですね。

学生の頃って、資格取らなきゃ!勉強しなきゃ!って焦ってたと思うんです。
けど、好きなコトを好きなだけ極めた方がいいと思います。
自分が興味ない事を得ようとするよりは。

私自身、ただ「好き」な気持ちでやってきた人間なので。
就活してる時に私も資格取らなきゃとか、企業研究とか、自己分析とかやらなきゃって思っていました。

でも何からしていいのか全然わからないし。実際はそんなに進まないですよ、あまりやる気も起きなくて(笑)

それより好きな事を誰も上がいない位まで極めた方が、この業界は特にいいんじゃないかなって思います。
だから自分がこれが好きだって思えるものを見つけてもらえるといいですね。

あ、でも車の運転はできた方がいいですね…。
免許はぜひ取っておきましょう(笑)

From now on

忙しさの中で楽しさを!

-拡がる輪っか-

仕事をはじめて良かったのは、色んな人と関われる事。
数十秒の中で、たくさんの人が動いているんです。

同業者の方や演者さんやロケ先で行った地域の人やお店の人。
カメラマン、編集、照明とか、プロの仕事を間近で見られるのも楽しいですね。
たとえ職種が違っても同じ立場で接してくれる時もあります。

1つのプロジェクトを一緒に進める上で、そう立場上は変わらないじゃないですか。
1年目だろうと、10年目だろうと、20年目だろうと求められる事は変わらない。
分からない事は教えてくれるし、フォローして頂いたりして。
そういう人達と仕事をさせてもらえるのは、すごくありがたいですね。

ハードな仕事であることはある程度覚悟して入ったんですけど、他の仕事に比べても仕事の幅が広いなと感じています。

他社のスタッフさん、演者さんとの連絡を取り合ったり、資料作ったり。
小道具や美術の仕事も制作がやる事もあるし、現場で体育会的な動きをする事もあります。
幅が広い分、絶対どこかで出来ない事が出てくるので、しっかり教えてもらっています。
私の周りは年が近い人も多いので、相談もしやすい環境ですね。

当面は色んな人に「志田」っていう名前を覚えてもらうのが目標ですね。

shida_profile_2018
Monthly schedule

第1週目

企画スタート、制作準備

第2週目

制作準備

第3週目

ロケハン、撮影準備

第4週目

撮影、オフライン編集、編集仕込み

第5週目

オンライン編集・MA、納品

Gallery

click

現在の仕事内容を教えて下さい

My Works

出演交渉・キャスティングを担当

click

入社後、成長したなぁと感じる点は?

My growth

社会人にとって必要な”アレ”ですかね…

click

これまで苦しかった時期・大変だった事はどんな事ですか?

This was HARD

分からない事はもちろんある!

click

将来の目標を教えて下さい。

Future goals

初心に戻ってまたイチから!

My Works

-現在の仕事内容を教えてください-

■制作進行からキャスティング担当へ

CM部でキャスティングを担当しています。
福岡のモデル事務所から東京のタレントまで出演交渉含め出演者周りの仕事をしています。入社してからは、制作進行の仕事をしていたのですが、昨年10月に新しく配属になりました。
出演者のアテンドや橋渡しを行っています。キャスティングの仕事には元々興味がありました。入社して
1年たった頃に新しく今所属しているチームができ、案件に密に関われる素敵な仕事だなと見ていました。前のインタビューでも答えているんですけど、もともとテレビっ子なのでタレントさんにも人一倍興味があって。

■イチからのリスタート

以前の制作進行よりも早い段階からCM制作に関わるので、会う人も新しく変わってきました。企画段階から出演者の提案にも関わります。想像より制作進行と仕事が違うので、一からのスタートだと感じています。要のポジションですので、プレッシャーもありますね。

My Growth

-入社後、成長したなぁと感じる点は?-

■スイッチのオンオフ

コミュニケーション能力だと思います。
まだまだ、伸びしろありですけど(笑)
元々は人見知りな所があったんですけど初対面の人がたくさんいるので、そんな事も感じていられないというか。仕事になったらスイッチが入ってしまう感じです。
コミュニケーションの場で「もっと上手く切り返せたら」「もっと盛り上げられたら」といつも考えています。
「声がよく通る」って言われるんですよね。声が大きいのは、この仕事断然得です。

■コミュニケーションの入り口で

笑顔と挨拶は基本ですけど、やっぱり大切ですね。
社会人として働く中で、自然に身についていっているのかもしれません。
シンプルな事なんですけど、入り口でマイナスイメージを作りたくないんです。
元気に挨拶すれば誰かのプラスになるかもしれない。ゼロかもしれないけど、マイナスになる事は絶対ないので。
会話の時は、自分が喋るよりも相手がいい雰囲気で気持ちよく喋ってもらえるようにいつも意識していますね。
微笑んでるつもりが、たまに「何で笑ってるんだ」って怒られる事もありますけど(笑)

■なりきるために

交渉事は私にとって新しい分野です。

時には押し引きが必要だったり、相手によって反応も違うし、自分が思った事を言うだけでは上手くいかない事もあります。
先輩から教えてもらうときもあるし、先輩になりきるという技も持ってます(笑)
あの人だったらこういう時こう言うだろうなとか。

This was HARD​

-これまで苦しかった時期・大変だった事はどんな事ですか?-

■「二年目だってわからないよ、相談して。」

私にとっては、二年目が大変だったと感じています。
一年目の時は「知らなくて当たり前」というのが、自分の中にも周りにもあると思うんですよ。
でも二年目、仕事の責任が大きくなった時に「この位できないといけない」って思うのにやっぱりわからない。例えば撮影方法について監督に確認するべきなのか、カメラマンに確認するべき事なのかがわからない。

ただピンチがひしひしと迫ってきていることだけはわかるんです(笑)

「一年目自分は何やっていたんだろう」と自己否定も入りつつ。
今考えたら二年目なんてわからなくて当然で聞けば良かったのに、ちょっと誰かに聞くのができなかったんですよね(笑)
だから、後輩にも「二年目だってわからないよ、相談して。」って言うようにしています。
三年目になると、少しづつ仕事の流れや状況もわかってくる。
知っているスタッフの方も多くなってきて味方も増えてきます。
ただ、その分大きな仕事を担当して、プレッシャーも大きくなってきますけど。
(ここだけな話、私は撮影前日は緊張して、寝れない事も多いです。)

Future goals​

-将来の目標を教えてください-

■I Love …

ずっと九州の仕事に携わっていたいというのは変わらずに持っています。
「ここはブレない」というのが、大きなモチベーションになっていますね、私は長崎出身なんですけど、地元愛・九州愛が人一倍強いのかもしれません。
東京の事務所の方と仕事をしていてもよく言われるのですが、「九州出身のタレントさんをプッシュしたい」という気持ちが自然と出てしまうみたいです。

■「名前を覚えてもらう」のは入社後の頃と変わらない

コーディネートチームという新しい場所で働くことにはとてもポジティブなんです。
やってみたいと思っていたし、物事を深く突き詰めたいっていう私の性格にも合ってるんじゃないかと思うんですよね。

まだ先は見通せないんですが、自分でこれからの自分を楽しみに思っています。
最初のインタビューで目標にしていた「当面は志田っていう名前をおぼえてもらう」をまたイチからスタートです、仕事を一緒にする方や環境が大きく変わったので。
でも前よりベースはあるし、スピード上げてトップギアでいきます。

人との関わりはこの仕事で本当に大切です。

 

shida_img_004
Weekly & Time schedule

Advice for students

-就活生になにかアドバイスをください-

■好きな事はどこでも通じる
資格や企業研究も勿論大切ですけど、自分が好きなことを突き詰めたほうが近道だって思います。
どれだけ調べたとしても、その企業の事はその企業の面接でしか使えないんです。

私は学生時代お菓子が大好きで、いつも持ち歩いていました。
お菓子のパッケージを集め始めたんですが、「秋だとサツマイモ味が増えるから、紫色が多くなるな」とか色々な事に気付きだして。
今考えると市場調査、マーケティングみたいなもんです。
やってる内にこれだったら誰にも負けないなって思えてきて、専攻していた広告学の研究に繋げました。

好きな事を好きなだけやっちゃおうって思ってたら、どこの企業でも使える話になっていったんです。
「好きを極めれば武器になる」って言葉を聞いたことがあるんですけど、本当にその通りです。
答えはきっと皆さんの近くにあるんだと思います。

※インタビュー内容・役職・担当等は取材当時のものです。

株式会社VSQ

Address & Access
〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜2-3-35
(TNC放送会館内 2F)

SNS Account

Scroll Up