制作部 本田さん


制作部 本田さん (2012年入社) 

Q1 いまどのような仕事を担当していますか?
主にテレビ西日本で放送される様々な特番を担当しています。
福岡県内の番組だけでなく、九州全県で放送される番組(絶好釣!九州釣り天国)やフジテレビ系列で全国放送されるバラエティー番組(ニッポンねほりはほり)なども担当しています。
福岡だけでなく日本全国へ様々な場所へロケに行く事も多く、先月は“世界中でうどんがブーム”という取材でロンドン&ケニアで取材を経験しました。
また、現在活躍されている有名著名人の方々とも仕事をさせて頂きました。

Q2 やりがいを感じる事は(時は)?大変なところは?
「やりがいを感じる時」
自分が担当した番組が放送され、エンドロールに名前が出る瞬間です。
そして今ではTwitterなどインターネットでダイレクトに視聴者の声が届くので面白かったなどの反応をもらえた時に強いやりがいを感じます。

「大変なところ」
0から1を作りだす作業 
企画を考えなければ何も始まらないのですが何も浮かばない時は本当に焦りますが番組はチームで作っているので、色々な人の知恵を借りながら企画を練っています。

Q3 一番印象に残っている仕事やエピソードを教えてください
過去に歌舞伎役者の博多座公演の密着ドキュメンタリー番組を作成した事があったのですが、放送後に本人にお会いした時に一言「番組良かったよ」と言われた時は震えるほど嬉しかったです。

Q4 VSQに入社してよかったなーと思う事
手を挙げればチャンスが与えられる会社だという事。
情報番組からスポーツ、報道、バラエティー、ドキュメンタリーなど様々な番組が経験出来る会社は福岡には少ないと思います。

Q5 今後やってみたいことは何ですか?
Netflixなどの動画配信サイトに配信される福岡ローカル番組を作りたいです。

Q6 仕事をするうえで心がけている事は?
「感性よりも関係性」
テレビ番組の制作はクリエイティブな仕事だと思いますが、この仕事で何より大事な事は関係性だと思います。
取材対象・出演者・カメラマンや音声などの技術スタッフなどその全員といい関係を築けている時にいいモノが作れると思います。

Q7 休日の過ごし方は?趣味は?
35歳でついにゴルフを始めました。
今はまだ人様に見せられるようなレベルにないので、
もっと練習して堂々と趣味はゴルフと言えるようになりたいです。
でも、今の一番の休日の過ごし方は娘(1歳)と遊ぶ事。

※このインタビューは2019年に実施しました。掲載記事は当時のものです。